立川市・諏訪神社 参集殿

(有)大谷忠建築設計事務所は、伝統に根ざし斬新を志します。

伝統の持つ無限の可能性を活かすだけでなく、21世紀において時代の要求に応える真のポストモダンとはなにか?この想いが、(有)大谷建築設計事務所の創作の原点です。

立川市諏訪神社 参集殿内部建築は、人類の始まりに遡るほど古い創作活動です。太古の昔にも、人が生きるところには住まいがあり、集う場がありました。

伝統と歴史の中に可能性を見いだし、時代に応える斬新を実現する(有)大谷忠建築設計事務所の設計は、 時を経てもその建築物の評価は変わらず、永続的な価値と調和をもたらします。